新・プーケットで遊ぼう  旅行情報ブログ

プーケットをより楽しむために、お役立て下さい

Ab-zab レストラン

以前にも一度「カリムの絶景レストラン」ということでご紹介したレストラン。
コロナで一時休業になったものの、既に5月から営業を頑張っていました。
元々観光客がほとんどという客層だったため、営業も大変だと思いますが、
まず開けているということが、大事ですよね。

 

f:id:phukettown:20200929220324j:plain

 

平日のお昼だったので、貸し切りでした。
こちらのレストランは道路のそばに入口があって、ビーチ側にある席に
階段を下って行きます。3階建てぐらいになっていて、ロビーそばでももちろん
海は見えますが、一番下のほうがより海に近くなります。

 

f:id:phukettown:20200929220349j:plain

テーブルはソーシャルディスタンスで、一つ飛ばしに座れるようになって
いました。

 

メニューはシーフード、タイ料理、イサーン料理です。
前回はクイティオやタイ料理などを食べましたので、今回はイサーン料理に
しました。
お店の人にも聞いたところ、一番自信があるのがイサーン料理ということでした。

パイナップルシェイク80バーツをオーダーして、写真を撮りながらオーダーを
待ちました。

 

f:id:phukettown:20200929220414j:plain

ヤムウンセンシーフード 160バーツ
ソムタムポナマーイ 120バーツ
コームーヤーン 140バーツ

もち米は今焚いているということで、ちょっと間に合わなかったので、
米なしでいただきました。(白米はありました)

 

f:id:phukettown:20200929220512j:plain

味は自信があるというだけあって、地元の人が食べてもおいしいと思います。
一番おいしかったのは、ソムタムポナマーイ(果物のソムタム)です。
甘い、酸っぱい、しょっぱいの絶妙さ。こういう食べ物って日本には
ないですよね。ご飯でもない、デザートでもないみたいな。

景色はパトンビーチが見渡せます。
宿泊がパトンの人なら、ホテル探しも楽しいかも?
パトン川だけでなく、遥かアンダマン海までも見渡せます。
オープンエアーですが、海風と扇風機で十分日中でも涼しいです。

夜はまたライトのついたパトンを見ながらの食事を楽しめそうです。

 

ここは、席数も多く、プライベートルームにもできるので、
少人数グループのパーティーにも良いです。

 

f:id:phukettown:20200929220543j:plain



このロケーションの割に、値段もそれほど高くないです。
お隣はバーンリンパ(カリム店)ですが、多分半額かそれ以下ぐらいかも?

余談ですが、バーンリンパ 従来のダイヤモンドクリフの向かいの店舗は
クローズして、今はカリム店(カリマリゾート向かい)のみとなっています。

 

動画でもドウゾ。


ab-zab エプザップレストラン カリムビーチ


ab-zab restaurant
249/2 Moo5 Phrabaramee Road, Kalim, Kathu,Patong Phuket
076 618079

https://www.facebook.com/AbzabRestaurant/

10:00~23:00 無休

スリンビーチ

久々にスリンビーチに行ってきました。
カマラ側から海沿いを通って行きましたが、海沿いの道は木が大きく
なりすぎてしまって、絶景が見えなくなっていますね。
たまに、木の間から海が見えるぐらい。
パノラマで見えた昔が懐かしい…。

 

f:id:phukettown:20200927135341j:plain

 

丘を下ったらスリンビーチ、という場所に展望台がありました。
そこからはカマラ側の海が見えますが、ここももう少ししたら
ジャングルでビーチが見えなくなりそうです。

 

f:id:phukettown:20200927135411j:plain


海は見えるのですが、やっぱりビーチも見えたほうがおおっ!って
思いますよね。

しばらくぶりに行ったら、入口や道路がきれいになっていました。
海沿いにお寺があるのですが、ちょっと古くなっていたので修繕をして
いるみたいでした。

 

f:id:phukettown:20200927135437j:plain

 

今のスリンビーチは、バイクの荷台がついた屋台が数軒でている程度で
素朴な景色でした。
以前のビーチにごちゃごちゃとレストランがある景色よりは、
今のほうがより海がキレイに見えます。
また観光客が戻ったら、ごちゃごちゃになるのかもしれません。

 

f:id:phukettown:20200927135459j:plain

f:id:phukettown:20200927135517j:plain

 

ローシーズンということで、サーフィンを楽しむ人の姿が。
ここやカタビーチは本当に白人が似合う、ビーチリゾートの王道のような
景色が広がっています。海の色、砂の色も文句なし。
本当に絶句するほどきれいです。今の時期はなおさらかもしれません。

スリンには街というものがないのですが、パトンから車で15分ぐらい、
バンタオにも10分ぐらいです。
ホテルではのんびりとプライベート感を楽しんで、出かけるときは
高級リゾートのバンタオやナイトライフのパトンと、守備範囲広しです。
カマラ、スリンには良いホテルも多いのでチェックしてみてください。
インターコンチもできました。

Rock Beach Swing ロックビーチスイング

昨年末にオープンした、ロックビーチスイング。
場所はカロンビューポイントのすぐ下にあります。
今年の初めに一度見に行きたいと思い連絡をしたところ、

「外国人600バーツ」ということで、在住でもその料金かと聞くと
「在住外国人500バーツ」というお返事。

いや、ただ写真撮るためだけに500バーツ払わないから!

と行く機会を逃しているうちにコロナ騒ぎ。
一時クローズしておりましたが、もともとタイ人観光客狙いの
施設だったので、再オープンにも時間はそれほどかからなかったようです。

入口では車に乗って下の施設まで送ってくれます。
運転手さん、やたら明るくて色々しゃべりかけてくれました。
ガタガタ山道を下っていきますが、ビューポイントの下ってこんな風に
なっているのかと、新鮮でした。

下にはロビーがあり、そこで入場料を払い(タイ人料金でOKでした)
注意事項を説明されます。
写真を撮る場所は、ロビーから徒歩でさらに下ります。

 

f:id:phukettown:20200925202000j:plain

 

来る人みんな、リゾート風ワンピースや帽子でキメてきています。
カメラマンを従えてきている人もいました!

海をバックにして写真を撮るポイントは10か所ぐらいあります。
鳥の巣の形をしたソファーとか、お花をあしらったラブリーソファーや
チェアー、白い階段など。
お勧めは白い階段です。真ん中ぐらいにこれ以上登っちゃダメのマークが
ありますが、そのあたりまで登って、下から撮ると本当に空に続く階段
みたいな写真が撮れます。

ブランコは3種類ぐらいありました。
半透明ブランコ、お花のブランコと、でっかいブランコは体にコルセット
みたいなものをつけてもらい、スタッフが揺らしてくれます。
びゅーんと海まで飛び出すみたいな浮遊感。
とっても楽しかったです。

 

これはハネムーナーで来たら最高ですね!
海もダイナミックな景色なので、写真映えも相当ですよ。
来る人がドレスアップして来る気持ちもわかりました。
人が多いと順番待ちになってしまうので、空いてる時間帯を狙うと
良いと思います。

高額な入場料のため、今一つ人気がでるかどうか疑問ですが、
内容はとても楽しめると思います。できればずっとタイ人料金希望!

 


rock beach swing ロックビーチスイングプーケット

動画でもどうぞ。

 


Rock Beach Swing ロックビーチスイング
9時ー18時まで

https://www.facebook.com/Rockbeach2019/

プーケット ラグーナ散歩2

レモングラスハウス製品の仕入れのついでに、ラグーナに立ち寄ってきました。
先月一度行った時は、ここもゴーストタウンのように静かでしたが、今度は
何と、ほとんどのお店がオープンしているという!
パトンやカタがまだまだなのに比べて、ラグーナすごい!と思いました。

 

f:id:phukettown:20200924152604j:plain

 

荒れ果てた感のあったビーチもきれいに掃除されて、ブランコなんかもかかってました。

 

f:id:phukettown:20200924152622j:plain

 

ラグーンでは水上ボートや、セーリングボートが行き交う様子も見れました。
観光客の姿は、ビーチにぽつぽつあるぐらいで、あまり見えませんでしたが、
それでもちゃんと営業しているということが大事ですね。

ラグーナの入口付近のレストランやお店、コンビニもオープンしてますし、
ポルトデプーケット、ボートアベニューなどのエリアもいい感じでした。
新しいお店もできてました。

f:id:phukettown:20200924152652j:plain

受け入れは準備はOKなので、バンタオでの宿泊いいと思います。

 

f:id:phukettown:20200924152721j:plain

f:id:phukettown:20200924152742j:plain

 

ラグーナに来たもう一つの目的は、Bonchonチキンを食べること!
プーケットでは初店舗がラグーナのボートアベニューにオープンしました。
道路表からは見えないのですが、スウェンセンズのお隣です。
そこそこ広めのイートイン席もありました。

 

f:id:phukettown:20200924152803j:plain

f:id:phukettown:20200924152817j:plain


最初入った時誰もいなかったので、大丈夫なのか。。。と思いましたが、
お持ち帰り注文して、買い物をしたあと戻ると、2-3組のお客さんが
入っていてほっとしました。

 

f:id:phukettown:20200924152838j:plain

f:id:phukettown:20200924152900j:plain

f:id:phukettown:20200924152914j:plain

周辺のお店、スーパーみんな営業していました。

 

ラグーナのホテルもかなり安くなっているようです。
タイ国内にいる人は良いホテルに安く泊まれるチャンスですね。

オアシススパ スカイブリーズカタ

プーケット島内にはオアシススパの店舗は複数ありますが、
現在オープンしているのは以下3店舗になります。

・スカイブリーズ(カタ)
・トロピカルリトリート(ラグーナ)
・ターコイズコーブ(カマラ)

 

今回、スカイブリーズカタにお邪魔してきました。
お客さんはやはり少ないようです。
国内観光客だけでは高級スパの需要は少ないでしょうしね。

でも、こんな時だから見ることができる、スペシャルルームを
初めて見学することができました。

スカイブリーズは、一番屋上のルーフトップルームが有名ですが、
もう一つ、VIPルーム(グランドシービュールーム)があるんですよ。
ここはいつもお客さんがいるので、今回初めて潜入できました。

スパルームというより、ホテルの1ベッドルームといった造りです。
入口のそばには大きいソファーとバスルームがあります。
窓側にマッサージベッド、その先には広いベランダがあって、
カロンの街とシービューが広がります。
ベランダにもテーブルとイスが置いてありますので、マッサージの
後は、ここに座ってお茶を飲みたい!

 

f:id:phukettown:20200922113355j:plain

f:id:phukettown:20200922113414j:plain

f:id:phukettown:20200922113434j:plain

f:id:phukettown:20200922113500j:plain

 

その隣にも、もう一つお部屋があります。
家具もアンティーク調でとっても素敵。
ここは家族で4時間ぐらいの長いパッケージを利用する場合に、
子供を連れて来てもスパを楽しめるという希望をかなえたお部屋。
入口そばのソファーは子供のベッドぐらいあるので、ごろごろできます。

もちろんルーフトップも素敵です。
解放感も抜群で、屋外シャワー、プール、マッサージベット。
一番外側のボックスタイプのソファーは何時間でも座っていたい。
日中はちょっと日焼けが心配ですが。。

 

f:id:phukettown:20200922113258j:plain

f:id:phukettown:20200922113313j:plain

f:id:phukettown:20200922113327j:plain

10月末までプロモーションも出ています。
スタッフにインタビューもしてきたので、動画のほうもよろしければ
御覧ください。

 


オアシススパ プーケット スカイブリーズ

 

スパのメニューと料金はこちら。

www.phuket-spa-esthe.com