新・プーケットで遊ぼう  旅行情報ブログ

プーケットをより楽しむために、お役立て下さい

ツアーの持ち物について

ツアーの持ち物について、よく質問されることがあります。
各ツアー別に、こんなものがあったらいいよを
まとめてみました。
もちろん、その人により、外せないものは違うと思いますので、
これはイラネーと思ったら、外してくださいね(笑)
絶対必要なもの、あればいいものなど記載しています。

 

●離島など海のツアー

f:id:phukettown:20191207131341j:plain

 

水着、日差しが強いので、日焼けしたくない人は、ラッシュガード。
バスタオルとミニタオル。ビーチサンダル、もしあればマリンシューズ。
島でスナックやドリンクなどを買う現金タイバーツを1000バーツぐらい。
細かくしたお金のほうが、便利。
水中でお金や携帯のの心配をするのはイヤ!という人には、
防水ケースなどもありますので、準備してみては?

日焼け止め、サングラス、虫よけ。
カメラ、携帯電話(防水グッズがあるとなお良し)
もし何かあったため用に、パスポートのコピー、海外傷害保険のコピー。
ビーチチェアーを使わない場合は、ビニールシート。

船の乗り降り時に、カバンから物がころげ落ちないように注意!
携帯とか水没したら泣きます。カバンはしっかり閉められる
チャックのついたものがお勧め。
防水だとさらに良いです。

移動の車内は冷房が効いていることがあるので、水着の上にTシャツと
短パンなどの服装が良いと思います。

貴重品は自己管理となりますので、大事なものはホテルのセーフティー
ボックスに預けてくること。
島にはロッカー施設がないところも多いです。

 

●象乗りやジップラインなどのアドベンチャー系

 

f:id:phukettown:20191113135524j:plain

特に必要なものは、虫よけと、すべらない靴。
日焼け止め、サングラス、日焼けしたくない人は長袖など。
カメラ、携帯電話、ウエットティッシュ、象使いさんなどに
あげるチップ100バーツ程度。
もし何かあったため用に、パスポートのコピー、海外傷害保険のコピー。

 

●スパ マッサージ

f:id:phukettown:20190616235108j:plain


女性の場合は、メイクをどうするかが気になると思います。
フェイシャルがコースに入っていない場合は、メイクオフはしなくても
大丈夫です。コースに入っている場合、クレンジングは含まれますが、
濃いメイクは落としきれないことがあるので、必要でしたら落としてから
がいいと思います。

また、スパ後日焼け止めや、メイク道具を必要でしたらお持ちください。

オイルマッサージの後、紫外線にあたると良くないオイルもあるため、
長袖着用が良いかもしれません。

バスタオルやパレオなどの貸し出しはあるので、タオルや水着は不要です。
ロッカーにシャワーがあるスパなどはドライヤーの貸し出しもあります。

 

滞在中は万が一に備えて、パスポートのコピーは必ず携帯をして
置くことをお勧めします。コピーをとるのを忘れてきちゃった・・
という方は、写メで携帯に保存をしておくといいですよ。

アフタヌーンティー ディバナシグネチャーカフェ

タイの主要都市空港やデパートでも取り扱いのある、

ディバナスパ製品。

プーケットには店舗はないのですが、バンコク市内には、
スパも数店舗あるんですよ。

こちらは当社でも販売している、バンコクのディバナグループの
スパです。


●ディバナセンチュアラスパ

bangkok-spa-esthe.com


●ディバナディバイン

bangkok-spa-esthe.com


●ディバナバーチュー

bangkok-spa-esthe.com

 


プーケットには、市内にあるセントラルフロレスタ(デパート)
の一階にカフェがあります。

先日スコーンセットを食べた記事

phukettown.hatenablog.com

 

この時の店員の話によると、プーケットにもディバナスパを
オープンしたいと言っておりましたが、それよりも先に、
アフタヌーンティーセットの特別料金が送られてきました。

ディバナシグネチャーカフェ プーケットのお店をはじめ
バンコクのセントラルワールド2階
セントラルパタヤでも利用できる、共通クーポンです。

 

ゴージャスな金色の器に、カラフルなお花やフルーツが
ちりばめられていて、とっても美しいセットになっています。
なんだか、特別な世界感のあるカフェで、いい香りもするし、
うっとりして、クラクラしてしまいます。

 

f:id:phukettown:20191204192408p:plain

 

ティーポット、2名様分のお茶
スコーン、タイのお菓子やオープンサンド、フルーツなど。

1セット(2名様用) 1475バーツ(通常価格)
当社クーポン 1350バーツ(7&税金・10%サービス料込)

+シャンパン付きは1000バーツプラス。

2020年9月30日まで
オーダー可能な時間帯 11:00-20:00


早くスパもオープンすればいいのに・・・と楽しみにしています。

 

wongnai

日本の食べログのようなサイトが、タイにも存在します。
wongnaiというサイトで、アプリもあります。

 

f:id:phukettown:20191203121920j:plain

 

利用者の★評価や、ページビューの数などがついていて、
お店の場所、住所、電話番号、営業時間もチェックできます。

カテゴリーも タイ、ビュッフェ、BBQ、ステーキ、イタリアン、
ジャパニーズ、コリアンなどと分かれています。

プロモーションなども出ていますよ。

 

タイ人による、タイ人の評価なので、特にタイ料理については、
本当においしい店にあたる確率が高いです。
海外のガイドブックには、全然載っていないお店も多いです。

評価はタイ語なのですが、今は翻訳にかければいいので、
読めないことはないですし、ユーザーからの写真はとっても
参考になります。

写真と★評価だけでも、見る価値はあるかもです。

グルメな人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

www.wongnai.com

ロックティエン(オールドタウン)

f:id:phukettown:20191128112553j:plain

 

オールドタウンの中でも、人気のあるディブック通りと
ヤワラート通りの交差点にある
人気食堂「ロックティエン」をご紹介します。
ちょうど前国王の壁画があるあたりです。

 

f:id:phukettown:20191128112609j:plain

 

食堂というよりいろいろな屋台が集まったフードコート
になっています。
よくデパートやスーパーに入っているちょっと小綺麗な
ものとは違いますが、まさにプーケットローカルフード一色!
もともとは50年以上も続く食堂でしたが、
最近改装されたので以前より観光客も入りやすくなりました。
普段プーケットの人が味わっている庶民の味を楽しめます。

 

f:id:phukettown:20191128112625j:plain

 

タイ料理といっても縦に長い国土のせいか、
北と南では大分違いますし、
中国から文化の入っているプーケットにはたくさんの
プーケットならではの料理があります。
他の地方から遊びに来たタイ人観光客は必ずと
言っていいほど「プーケット料理」を食べますね。

 

f:id:phukettown:20191128112727j:plain

 

揚げた太麺にポークスープが添えられた
「ミーフン・バー・チャーン」、
揚げた豚のモツを使った料理「ロー・バー」や
福建省スタイルのラーメン「ミーナム・ホッケン」
焼きそばにした「ミーホッケンパット」など
ローカル料理が盛りだくさん。
豚の串焼き「ムーサテ」と

 

f:id:phukettown:20191128112646j:plain


プーケット風生春巻き「ポ・ピア」も外せないです。
「オーエウ」は有名なプーケットのデザートで、
バナナや豆をトッピングしたかき氷。

 

f:id:phukettown:20191128112710j:plain



オールドタウン散策中、ちょっと休憩にいいですよ。

オープンキッチン(良く言うと)なので、職人さんの
作っている手つきをみるのも楽しい!

お値段も手頃で、だいたい30ー50バーツ/1皿程度、
ソフトドリンクも20バーツほどです。

 

f:id:phukettown:20191128112746j:plain

 

近くには学校も多く、学生や地元の人にも愛されています。
朝から営業していますが、出勤・通学時間、
ランチタイムは混み合うため。
午前中9時から11時くらい、午後は14時過ぎであれば
のんびり食事を楽しめますよ。

 

Lok Tien (ロックティエン)
プーケットタウン ヤワラート通りとディブック通りの交差点
営業時間:07:00ー17:00頃

 

COCOビーチ(ヤオヤイ島)

f:id:phukettown:20191127122421j:plain

プーケットからボートで約15分。
ヤオヤイ島にフローティングウォーターパークができました。
手つかずの自然が多く、ナチュラルアイランドで、のんびり1日を
過ごしてみてはいかがでしょう。

海の上に浮かべられた、滑り台は無料で遊ぶことができますので、
家族でも楽しめそうです。

 

f:id:phukettown:20191127122748j:plain

ツアーは毎日催行され、移動はロングテールボートで行いますが、
参加人数によって、スピードボートになる場合もあるそうです。

こちらの島ではいくつかアクティビティも用意されております。
プーケット島のビーチでもおなじみの、ジェットスキー、バナナボート、
セルフハドルカヌー、ATVはありますが、他ではあまり楽しめない
マリンスポーツもありますよ。

 

f:id:phukettown:20191127122447j:plain

・ジェットブレード
足の下から水しぶきをあげて、空にぐーんと
飛ぶアクティビティ。水圧の勢いで浮遊できるんですね。

・タワーブル・ディスコボート
こちらはバナナボートの変形バージョンで、浮き輪のような
形の上に乗ります。

f:id:phukettown:20191127122520j:plain

・ウォータースキー
水上スキーも楽しめます。

マリンスポーツの島での販売価格は

●ジェットスキー 15分 1500バーツ 30分 2200バーツ
●バナナボート 15分 800バーツ
●カヌー 30分 800バーツ
●ATV 20分 1200バーツ 30分 1500バーツ 60分 1800バーツ
●ジェットブレード 15分 2500バーツ 30分 4200バーツ
●サーフボード 30分 800バーツ
●ウォータースキー 15分 2000バーツ 30分 3500バーツ
●タワーブル 15分 1000バーツ
●ディスコボート 15分 800バーツ

マリンスポーツは12歳以上からご参加可能。
12歳以下のお子様はATVの大人の方の同乗が可能です。同乗料金あり。

 

f:id:phukettown:20191127122551j:plain

f:id:phukettown:20191127122605j:plain

f:id:phukettown:20191127122807j:plain



ツアースケジュール

07:00  各ホテルお迎え
08:30  アオポー港に到着
09:00 ロングテールボートまたはスピードボートでココビーチへ
09:15 到着後はフローティングウォーターパークやマリンスポーツ、
    スイミングなどをお楽しみください。
12:30 ビュッフェランチ
15.30 ココビーチ出発
16.00 船着き場到着各ホテルへ

タイムスケジュールは当日の参加人数、天候等で、
変更する場合がございます。

料金 大人 1600バーツ 子供 1300バーツ(3-11歳)

料金に含まれるもの
島内往復送迎(ラヤン、マイカオ、ナイヤーン、ナイトンビーチは
追加送迎代金がございます)、英語ガイド、ランチ、フローティング
ウォーターパーク利用

 

=アップグレードプラン=

上記内容のほか、マリンスポーツも含んだプランもあります。

料金 VIP(ジェットスキー15分、カヌー30分、バナナボートまたは
タワーブルボート15分混み) 大人3500バーツ


料金 エクストリームスポーツ(ウォータースキー30分、
ジェットブレード30分またはATV180分) 大人5200バーツ

 

www.facebook.com