新・プーケットで遊ぼう  旅行情報ブログ

プーケットをより楽しむために、お役立て下さい

ハーバルマッサージ

先日メールマガジンでもご紹介した、カトゥーの滝のそばにある、
ナチュラルカフェ Simply'ism

 

ブログ過去記事

phukettown.hatenablog.com

 

前回はごはんを食べただけだったのですが、こちらのカフェの裏は、
サウナとマッサージも併設しています。
先週ちょっと時間に余裕ができたので、タイマッサージを1時間
受けてみることにしました。

 

f:id:phukettown:20190916144830j:plain

 

予約なしで行ったのですが、掃除してたおばちゃんが対応してくれて、
二階にあるマッサージルームへ案内してくれました。


サウナも希望すれば使用できたと思うのですが、サウナに入ると
ぐにゃぐにゃになってしまうので、この後予定もあったので、今回はパス。

マッサージは二階で、窓からは貯水池とヤシの木が見えました。
ローカル&ナチュラルですね。

 

f:id:phukettown:20190916144859j:plain

ベッドは8つぐらいあったと思います。
大部屋ですが、カーテンの仕切りはありました。

 

f:id:phukettown:20190916144915j:plain

f:id:phukettown:20190916144932j:plain

f:id:phukettown:20190916145019j:plain

ばーちゃんの寝間着に着替えて、マッサージ。
ここは観光客用マッサージではなく、プーケットタウンによくある
医療系マッサージですね。リラックス目的ではなく、悪いところを
治すのがお得意のようでした。

力強く、つぼも逃さない、職人技のマッサージを受けることができました。
途中、

 

ドカン!!

 

という、大きな音が二回ぐらいして、目が覚めました。
これはヤシの木から、実が落ちてきて屋根にぶちあたる音。
知らない人は、爆弾かと思うんじゃないかと・・・。

植えたときにはこんな風になるとは思わなくて、夜もうるさくて
目が覚めるのよーー・・・と、マッサージのおばちゃん。

 

f:id:phukettown:20190916145005j:plain

お値段は1時間400バーツと、ローカルの割にはちょっとお高め。
300バーツぐらいかなぁと想像していたのですが。
外国人価格だったのかもしれません。

 

f:id:phukettown:20190916145041j:plain

サウナとプールもあるので、在住らしき白人のおじさんがまったりと
サウナを堪能しておりました。

私はそのあと、カフェでパスタやケーキを楽しました。

 

f:id:phukettown:20190916145058j:plain

f:id:phukettown:20190916145114j:plain

 

時間ができたら、またマッサージ&カフェを楽しみにしてきたいと
思います。ただし、爆弾が落ちるので、寝れません(笑)

 

ディバナシグネチャーカフェ

f:id:phukettown:20190912134105j:plain

バンコクではおなじみの、ディバナスパ。
バンコク市内に数店舗支店を持ち、一軒家スパが多いことで
知られています。空港やデパート内にも、Divana Spa製品
ショップがあるのを見たことがある人もいると思います。

バンコクのスパ、興味ある方はこちらをどうぞ。

bangkok-spa-esthe.com

 

プーケットではまだないのですが、一足先にディバナスパが
経営するカフェが、セントラルフロレスタ一階にオープンしました。
カフェの中では、おなじみのスパ製品も販売しております。

森の中にいるような装飾の店内。

 

f:id:phukettown:20190912134205j:plain

f:id:phukettown:20190912134229j:plain

f:id:phukettown:20190912134246j:plain


ディバナカラーであるキンキラもふんだんに使われておりました。

メニューは、オールデーブレックファースト、サンドイッチ、
サラダ、パスタなどがあります。一品300バーツ前後と、少々お高め。

 

f:id:phukettown:20190912134504j:plain

f:id:phukettown:20190912134307j:plain

f:id:phukettown:20190912134323j:plain

 

午後の時間帯だったのでアフタヌーンティーを勧められましたが、
ごはんを食べたばっかりだったので、スコーンセット190バーツと
コーヒーアイスカフェラテ130バーツを注文しました。
10%サービス料と、7%のVATが別途かかります。

 

f:id:phukettown:20190912134351j:plain

ハーバルティー色々。

 

デザートメニューは、チョコレートラヴァ、チーズケーキなど。
メニューにはケーキの種類はたくさんありましたが、その日あるもの
になるということで、この日はメニューの中の1個しかなかったです。

ドリンクは、コーヒーや紅茶は、色々種類がありました。
他にもシグネチャードリンクということで、ソーダやココナッツウォーター、
アレンジコーヒー、ティーなどがありました。
写真は店員さんがタブレットでも見せてくれました。

 

f:id:phukettown:20190912134425j:plain


スイーツとお茶で400バーツ近くとは、バンコク並みのお値段ですね。
ただ、スコーンセットはとってもお洒落なキラキラの器に入っていて
かなり映えます。クリームはプーケットでは初めてクロテッドが
ついているスコーンでした。

 

f:id:phukettown:20190912134446j:plain

 

スパについては、プーケットでは作らないかときいたところ、
現在候補地を検討中ということで、こちらも近い将来オープンするのでは
ないかと楽しみにしております。

ディバナスパ、プーケットに参入となると、ローカルスパにとっては
ちょっと脅威ですね。

気軽にはいけないお値段ですが、セレブ気分を味わえる場所です。
バラの香りやラブリー系が好きな人だったら、たまらないカフェです。

スパも早くオープンしないかな!

 

Divana Signature Cafe

https://www.facebook.com/divanasignaturecafe/

 

スリープウィズミー(パトンビーチ)

パトンビーチで最も賑やかな場所と言ってもいいと思います。
ジャンクセイロンと今年オープンしたセントラルパトンから
徒歩わずか2分。

かわいらしい赤い色と羊ちゃんがトレードマークのホテルです。
お部屋のベッドの上にはもちろん、壁などにも羊ちゃんの
イラストがいっぱいあって和みます。

ジャンクセイロンに近いホテルといえば、ミレニアムリゾートが
人気ですが、こちらのホテルはもっとリーズナブルになります。

 

f:id:phukettown:20190911164912j:plain


一度スーペリアのお部屋に宿泊したことがあります。
全部で207部屋あり、広さも27SQMとそこそこあります。
部屋からのビューは期待できませんが、バルコニーあり。

 

f:id:phukettown:20190911164932j:plain


室内設備は、バスタブはないものの、可動式シャワーと
レインシャワーの両方がありました。

 

f:id:phukettown:20190911165005j:plain

f:id:phukettown:20190911165025j:plain

 

アメニティーは充実しておりました。
エアコン、テレビ、電話、冷蔵庫、電気ポット、
無料の飲料水、無料のコーヒー&紅茶セット、バスローブ、
スリッパ、傘、ヘアドライヤー、セーフティーボックス。

 

f:id:phukettown:20190911165049j:plain

 

デラックスジャグジールームはスーペリアよりも
広くなり、41SQM。キングサイズベッドのみです。

 

f:id:phukettown:20190911165110j:plain


スーペリア室内はほぼ同じですが、と異なる点はタッチパネルで
室内のエアコンや、電気、アラーム等の操作が可能。
ベッドの枕元にタッチパネルはあるので、横着さんに便利。
バスルームもシャワー等は同じですが、ジャグジー付きの
バスタブがつきます。

 

f:id:phukettown:20190911165129j:plain

f:id:phukettown:20190911165154j:plain

ホテルの7階に、サウナ、スパ、プールもあります。
ハイシーズンだったらスカイバーなどもやっているかもしれません。

 

f:id:phukettown:20190911165230j:plain


朝食も品数が多く、値段の割には充実しておりました。
ロビー向いの一階レストランで、ビュッフェスタイルになっています。

 

f:id:phukettown:20190911165248j:plain

f:id:phukettown:20190911165306j:plain

パトンビーチで徒歩ですぐお買い物や食事に行けるところを
お探しでしたらお勧めのホテルです。

一点、やはり立地が良いせいか、夜遊びで帰りが遅いお客様が
多いようでした。廊下を歩く音や隣の声など、夜中聞こえて
目が覚めたので、ちょっと壁は薄いのかなと思いました。


スリープウィズミー デザインホテル@パトン
Sleep with me design hotel @ patong
187/5 Rat-U-Thit 200 Pee Road, Patong Beach, Kathu, Phuket 83150

 

2019年10月31日までのプロモーション

スーペリア 1550バーツ
デラックスジャグジー 2100バーツ
スイート 2900バーツ

一泊一部屋あたり朝食付き、税金、サービス料込

当社販売料金です。

 

 

www.blueisland-phuket.com

 

イリュージョン

パトンのバングラ通りはやはり夜の繁華街ということでも有名です。
流行り廃りが顕著な業界ですが、その中でも「イリュージョン」は
もうだいぶ長い間トップの人気を誇っています。
なんと5000人規模の巨大クラブ(うちVIP席300)で、
今年の世界クラブランキング33位!
世界的にも有名なDJのイベントもあり、スティーブアオキや
REDFOOもプレイしています。

 

f:id:phukettown:20190909235733j:plain


バングラ通りをジャンクセイロン側から入ってすぐ右手にあります。
入り口は2階ですが、通りには客引きの綺麗なロシア人お姉さんたちが
いるのですぐわかります。
エントリーは無料、ドリンク飲み放題が600バーツでした。
中でもドリンクは買えますが、1杯200バーツ?と少々お高めなので
飲み放題を買ったほうがいいかも。
ちなみに大きなイベントの時はチケット代が別途かかります。

 

f:id:phukettown:20190909235824j:plain


店内は入って正面がダンスフロア、奥がステージと大画面パネル、
DJブースになっています。
ガンガン踊りたい人はこちらにどうぞ。
下を見下ろすような席と奥のVIPになっています。
バースペースは落ち着いた雰囲気。
飲み放題のドリンクカウンターは、長い列ができていますが、
いくつかカウンターがあるので
少し待てば大丈夫です。
ただし、ドリンクは手首につけたチケットと空きグラスと交換する
必要があるのでみんなの分のドリンク持ってくるね!はできません。

 

f:id:phukettown:20190909235855j:plain

中ではピザなどの軽食、ポップコーンなどのおつまみ
(それなりのお値段)も頼めます。
またシーシャ(水タバコ)もあります。

 

f:id:phukettown:20190909235912j:plain

12時をすぎるとフロアは大盛況となります。
観光客ももちろんですが地元タイ人の若者グループもたくさんいました。

 

f:id:phukettown:20190909235928j:plain


娘に言わせるともうイリュージョンは古い!とのことで、
向かいにある「Sugar」がお勧めとのこと(苦笑)。
こちらはバンコクにもあるナイトクラブがプーケットに
進出してきたとのことで話題になっているようです。
前を通りかかりましたが、こちらの方がセレブ感があり、
年齢確認なども厳格でした。



ナイトライフ好きのみなさん、ぜひ両方行って比べてみてください。


イリュージョン プーケット ( Illuzion Phuket )
住所 Thanon Bangla, Tambon Patong, Amphoe Kathu, Chang Wat Phuket 83150
営業 21:00-28:00
FACEBOOK  https://www.facebook.com/illuzionphuket/
ウェブサイト  http://www.illuzionphuket.com/

アフタヌーンティー(ラマダプラサチャオファー)

プーケットのおハイソ地元タイ人に、じわじわ人気の
アフタヌーンティーに行ってきました。

 

f:id:phukettown:20190904181101j:plain

場所は、たぶん日本人には全く知られていないであろう、
ラマダプラザ チャオファー。
ホテルの周りは道路、ガソリンスタンド、地元商店という、
どうしてこんなところにホテルを作ったんだろうと謎になるような立地。
でも土日は駐車場がいっぱいになるという現象。
それは一階のロビーバーにて、プーケットの地元お菓子などを含んだ
アフタヌーンティーを土日開催しているからです。

タイ人向けの雑誌や、グルメ系のネット情報でもよく出ていたので、
行く日の朝に、予約をしていきました。

 

場所は一階ロビー裏で、吹き抜け風の天井があり、広々とした雰囲気。
シノポルトギュース風で、なかなかハイティーっぽい!

 

f:id:phukettown:20190904181138j:plain

f:id:phukettown:20190904181200j:plain

中央には、プーケット地元でもポピュラーなお菓子のタオソーや、
胡椒クッキー、チョコチップクッキー、マシュマロがあって、
こちらはセットとは別ですが、無料で提供されています。

 

f:id:phukettown:20190904181216j:plain

最初にココナッツティーの冷たい甘いウェルカムドリンクがあります。

アフタヌーンティータイムは14時から17時。
3時間内でしたら、滞在時間制限はなしです。
クラッシックハイティーセットセットは1つ490バーツ、
2人でシェアできるので、ドリンクも2人分頼めます。

紅茶の種類は、銘柄はTWG、トワイニング、ウィリアムソンの3種類。
テーブルには10種類ぐらい紅茶メニューがありましたが、実際はもっと
あるようです。

 

f:id:phukettown:20190904181234j:plain

 

普通アフタヌーンティーはポットの紅茶が来るので、注文できても
1-2種類だと思いますが、ここは一杯ずつ入れて持ってきてくれるので、
冷めることもなく、色々な香りのものを楽しめました。

 

f:id:phukettown:20190904181257j:plain

f:id:phukettown:20190904181313j:plain

お菓子のほうは、3段になっています。
一番下に、チーズトーストと、クロワッサンサンド
(カニカマとツナ)がありました。どちらも甘め。。。
二段目はスコーンとパウンドケーキ、マカロンなど。
スコーンは残念ながら生クリームやクロテッドなどはなく、
ジャムとなぜかカスタードクリームが。
三段目はプリンとティラミス、そしてまた二段目と同じような
パサパサしたクッキーやケーキなど。

 

f:id:phukettown:20190904181329j:plain

 

お菓子については、正直タイ人が朝食でいつも食べているようなものも
多く入っていて、タイ人向けで一つもおいしいものがなかったのですが(泣)
紅茶は高級なものが飲み放題で、これだけでも490バーツの元は十分とれます。

TWGはイングリッシュブレックファストをアイスとホット両方いただき、
二杯目はTWGのジャスミンウーロン、三杯目はウィリアムソンのアールグレー
をいただいて、合計四杯いただきました。

店員さんはフルーツなどのフレーバーティーをお勧めしてくれましたが、
私はフレーバーやハーブティーは苦手なので、飲みませんでしたが、
たくさんありましたよ。

 

f:id:phukettown:20190904181400j:plain

 

プーケットの民族衣装姿の女性が、タイの琴の生演奏を披露してくれたり、
ゆったりできる時間を過ごすことができました。

テーブルはタイ人の家族連れでどんどん埋まってきましたので、
やはり行く前には予約がお勧めです。
いつまで開催かわかりませんし、料金も本当は1セットではなくて、
1人490バーツが現在ディスカウントとなっておりました。

 

f:id:phukettown:20190904181417j:plain

 

今後内容が変更することもあるかもしれません。
辺鄙なホテルが提供する、なかなか地元の人を対象にした

商才のあるプロモーションだと思いました。

 

紅茶好きの方にはお勧めです。