新・プーケットで遊ぼう  旅行情報ブログ

プーケットをより楽しむために、お役立て下さい

SHA+とは

サンドボックスが始まって以来、ちらほらと外国人観光客らしきグループを
見かけることがあります。
今日もオールドタウンに行きましたが、ヨーロピアン系でしょうか
グループが歩いており、客引きタクシーも復活していました。
もちろん数は少ないですけどね。

サンドボックスでプーケットに観光に来る場合の宿泊場所は、
SHA+という表示のあるホテルから選ばないといけません。
知り合いの家とか、コンドミニアムとかはNGなんですね。

とはいえ、多くのホテルがSHA+を取得しているので、選択肢が少ないという
ことはないと思います。

SHA+とは、ホテル、ショップ、レストランなどが感染対策を、基準に沿って
行っているということを証明する、衛生お墨付きライセンスみたいなものです。

SHA+を申請できる業種は以下10種類に分けられます

1.レストラン
2.ホテル
3.レクリエーションとアトラクション
4.車両
5.旅行代理店
6.スパやマッサージ
7.デパートとショッピングセンター
8.スポーツ施設
9.劇場、イベント会場
10.土産物店およびその他の店

また、申請には様々な条件があるのですが、従業員の70%以上が
ワクチン接種済みという条件もあります。

空港送迎タクシーなどは、SHA+が義務付けになるのではないかと思います。
ホテルの送迎車でしたら間違いないと思いますし、空港待機のタクシーや
リムジンも取得済みと思われます(最近空港行ってないんで、見たわけでは
ありませんが)

これも、知り合いに迎えに来てもらうとかは、NGの可能性ありますね。

ツアー催行会社については、離島やリクリエーションはほとんどがSHA+
取得済みになっているところが多いです。
まだショー関係はやっていませんが。

そろそろしびれを切らして、プーケット旅行を計画されている方も
いらっしゃるのではないかと思います。
旅行計画の際の移動車両、参加したいツアー、宿泊ホテル、SHA+の表示が
あるかどうか、ちょっと気にかけてみると良いかと思います。

 

Rio Chicken

プーケットタウンからシャロンエリアにかけては、
韓国人が多く住んでおり、韓国料理やさんも多くあります。

いや、正確には「ありました」ですね。
コロナでだいぶ在住韓国人も少なくなって、韓国料理のお店も
クローズしているところも多いです。

プーケットタウンのスワンルワンという公園のそばの集合住宅
ヴィラスワンルワンの入り口にある、Rio Chickenというお店。
GRABでも人気の韓国料理店です。
お店の前には、常にGRABドライバーが何人かスタンバイしています。
店内は10テーブルぐらいの、ちゃんとしたレストランですが、
お客さんは2組ぐらいでした。

 

f:id:phukettown:20210905143118j:plain

デリバリーがメインなのか、店内メニューは少なく、
GRABのアプリでメニューを見てくださいって言われた・・・(笑)。

メインはあらかじめ決めていた韓国風ホットドッグ。
チーズがびろーーんっていう、アレです。
中身はソーセージのみと、チーズとソーセージがあります。
もちろんチーズ入りのほうで。一本50バーツの激安。

 

f:id:phukettown:20210905143413j:plain


他に、トッポギ、スパイシーチキンも頼みました。
もし足りなければ冷麺も頼もうかと思いましたが、頼まないで
良かった。なぜなら、ホットドッグが巨大でした。

最初にお通しでキャベツサラダに、マヨとケチャップをかけたものと、
大根の甘酢がでてきました。
つぎにトッポギ。ゆでたまごと、湯葉みたいなのも一緒に
入っていました。ソースがうまいー。

 

f:id:phukettown:20210905143445j:plain



メインのホットドッグは存在感すごかった!
チーズがびろーーんと伸びるからか、はさみも用意してあった。
ケチャップで食べるみたいですが、トッポギのソースがおいしかったので
それにつけて食べました。この食べ方オススメー。

ソーセージは下のほうにちょこんと2-3センチぐらい入ってた。
ころもがサクサクで、チーズたっぷりなのでアツアツのうちに。
セントラルにも違うお店で、このハットグがあるようなのですが、
こっちのお店のほうが、安くておいしいらしいです。

 

f:id:phukettown:20210905143505j:plain


チキンはいくつかソースがあったのですが、スパイシー10個入り
249バーツにしました。これは半分はお持ち帰りとなり、
翌日朝ごはんにいただきました。
チキン手羽のコリアンスタイルは10個入り100バーツぐらいのものも
良くありますが、ここのはちょっと大きめです。

どれも味は甘辛カジュアルな感じで、韓流大好きな若い人にウケそう。
ハットグはビジュアルも良いし、これ一本でランチになる。
リピ決定メニューに出会えました。
次回は食べれなかった冷麺に挑戦しに行きます。
定員さんは、タイ語が上手な韓国人です。



Riochicken Phuket
https://www.facebook.com/RiochickenPhuket
11:00-21:00

検査と陰性証明書

プーケット滞在後、日本に帰国する前に用意しないといけないものに、
日本へ入国(帰国)のための検査と、検査証明書取得があります。
出発前72時間以内の検査と、証明書のフォームの記載が必要です。

フォームについては、厚生労働省のこちらのページにあります。
タイ語フォームがあるので、こちらをプリントアウトしておき、
病院に記載してもらうんですね。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00248.html

 

検査方法にもいくつかあるので、事前にご確認を。

現在、プーケットで日本人スタッフが在籍している唯一の病院であると
思われます、バンコクプーケット病院に問い合わせをしてみました。
バンコクプーケット病院での検査はPCR検査で、費用は3500バーツだそうです。
(証明書発行の料金も含む)

検査の予約は不要ということなので、帰国から72時間逆算した時間で
行くと良いですね。ただし、夜間、夜中の検査対応については
事前に病院に確認したほうが良いと思います。
検査の後、結果が出て証明書を受け取れるのは、だいたい24時間後と
なるということでした。
まれに、検査件数が多い場合は、24時間を超える場合もあるそうなので、
フライトがギリギリな場合などは、できれば何時までにという希望も
伝えておくとよいと思います。

病院の場所はプーケットタウンなので、ビーチエリアに宿泊の場合は、
時間に余裕をもって、証明書をピックアップしてから空港に行く
というのもアリかなと思います。

早くこういう面倒な手続きがなくなるといいのですが。
陰性証明書がないと、現在飛行機にも乗れないので、なかなか気軽に
旅行に行ける気分になれないですね。。。

 

タイ航空 国際線フライト運航計画

島内の感染者は100名を超える日が出ていますが、サンドボックスは継続中。
先日、プーケットで7日間滞在の後、クラビ県(ピピを含む)、パンガー県(カオラックなど)、
スラタニ県(サムイ含む)への移動が可能になるという、7+7が認証されたようです。
プーケットに最低14日間滞在より、ずっと自由に旅行計画ができるようになりますね。

プーケットサンドボックスとサムイプラス、受け入れ国も70か国に拡大です。

8月から10月までの間、タイ航空はフライトルートを拡大するというような
ニュースも出ていました。
運航期間については、異なるので確認が必要です。

バンコク発日本行きについては

バンコク-大阪毎週木曜日と土曜日バンコク発週2便運航
バンコク-東京(成田)毎週火曜日、木曜日、土曜日バンコク発週3便
バンコク-東京(羽田)毎週火曜日と土曜日バンコク発週2便
バンコク-名古屋毎週木曜日と日曜日バンコク発週2便

その他ヨーロッパやアジア

バンコク-プーケット-フランクフルト週1便
バンコク-プーケット-ロンドン週1便
バンコク-パリ-プーケット週1便
バンコク-チューリッヒ-プーケット週1便
バンコク-コペンハーゲン週1-2便
バンコク-シドニー週2便
バンコク-シンガポール週1便
バンコク-ソウル週2便
バンコク-台北週2便
バンコク-ジャカルタ週1便

サンドボックスについても、内容変更があるかもしれませんので、
また新しい情報があれば、お知らせいたします。

 

Lookmee Home Cafe’

お友達のインスタで素敵な写真が載っていたので興味を持ったカフェ。
場所はサムコーンという、プーケットタウンのロータスエクストラや、
チルバマーケットなどが近くにある場所です。

プーケットヴィラ1という集合住宅地で、私の会社もこのエリアにあります。
会社からの帰りに毎日通っていた場所でしたが以前はなかったので、
調べたところ、今年2月にオープンとなっていました。
普通の一軒家を改装して作ってあります。
数十メートルでチルバマーケットという立地です。

 

f:id:phukettown:20210821140408j:plain

 

入り口の外にも小さいテントやテーブルがあり、屋外席もあります。
室内もガーデンが見える席や、ケーキのショーケースが見える内側の席があります。
私は大体、ケーキのショーケースそばに座って、全部食べれないのを残念がりながら、
全種類食べた気分でお茶をします。。。

 

f:id:phukettown:20210821140436j:plain

f:id:phukettown:20210821140625j:plain


ここは、韓国風デザートのクリームとガーリックの入ったパン
KoreanTruffleというものを一推ししていましたが、
もうひとつの推しの、クロッフルを食べに行きました。

クロッフルは、プーケットではいくつか出しているところがありますが、
クロワッサンとワッフルの間のようなデザートです。
見た目はワッフルで、食感がクロワッサンのような感じです。

そのクロッフルのトッピングしたものが素敵で、
生クリーム&いちごや、ティラミスクリーム、キャラメル&クッキーなどがあります。

行ったのが夕方だったので、もしかするとデザートはもう売り切れかと
期待をしていませんでしたが、クロッフルありました。
既にチェックをしていた、「ティラミスクリームトッピング」をオーダー。

 

f:id:phukettown:20210821140514j:plain

f:id:phukettown:20210821140530j:plain

 

7月まではこのクロッフルとドリンクで119バーツのプロモーションを
していたんですよね。今はプロモ終了していたので、クリームチーズティー
とクロッフルで200バーツぐらいでした。

ティラミスクリームは激ウマで、クロッフルの食感も良く・・・。
下手にパサパサなスポンジケーキを食べるより、クロッフルのほうが全然良かったです。
全種類食べてみたい欲望に駆られました。

このお店、実はタイ料理もかなり本気みたいでした。
メニューも多く、大体一品70バーツ前後とカフェにしては良心的な価格設定。
タイ料理以外にも、バミーやパスタもありました。
どれもおいしそうです。

 

f:id:phukettown:20210821140548j:plain

カフェというと、夕方で営業終わってしまうところも多いのですが、ここは21時まで
やっているのもうれしいです。

また会社に毎日出社するようになったら、ランチはここで決まりだな。。。
早くそういう日が来るといいですが、クロッフルの食べ過ぎで太るのも心配です。

 

f:id:phukettown:20210821140607j:plain


Lookmee Home Cafe

https://www.facebook.com/lookmeehomecafe


OPEN 11:00-21:00