新・プーケットで遊ぼう  旅行情報ブログ

プーケットをより楽しむために、お役立て下さい

1日を有意義に・チャーターツアー

当社で一番予約が多いのは、ズバリ・専用車チャーターです。
先日、アジア周辺国を周遊するクルーズ船でご到着をされた
ご家族のお客様に、船がプーケット滞在時間中に観光をされたい
というリクエストをいただきました。
チャーターを利用した感想をいただきましたが、うちのHPには
お客様のレビューという、イマドキの機能を持ち合わせており
ませんでしたため、お客様に転載許可をいただき、
マガジンやブログに掲載させていただきます。

ーーーーーーーー

こちらで日本語ガイドさんと運転手さんつきで5時間車を貸していただき、
エレファントスイムとタイガーパークに連れて行ってもらいました。
直前に、予約していた時間に間に合わないことがわかり、
LINEでやりとりをして時間を遅らせてもらったり、当日その場で
延長することもできたので、かなり融通がききありがたかったです。

 

 

ガイドさんは日本語もお上手でしたし、優しくてユーモアもあって、
サービス精神もある方でした。

美味しいタイ料理を食べたいとリクエストして、おすすめのお店に案内してもらい、
そのレストランがとても素敵でロケーションもよくご飯も美味しくて最高でした!
3歳と1歳の子どもも一緒でしたが、ベビーカーの乗せおろしや、
階段のサポートなど細かくやって頂き感謝です。

 

途中私がタイガーパークにカバンを忘れてしまったのですが、
すぐに戻ってくれて、荷物の中身や荷物の位置が変わっていなかったかなども、
心配して頂きました。

 



エレファントスイムもタイガーパークも本当に感動的で、家族全員大興奮でした!

帰りに送ってもらったときも、こちらの乗る船の乗船時刻ギリギリになってしまったのですが、車を降りて間に合うか見届けてくださり、安心感がありました。

良心的なお値段なのに、サービスが行き届いていて、非常に満足でした!
またプーケットに行くときは、こちらを利用させて頂きたいと思います。


ーーーーーーーー

チャーター内のご利用いただいたのは

タイガーパーク

タイガーパーク プーケット オプショナルツアー トラと写真 割引

ビーチで象さんと遊ぼう

プーケット 海で象さんと泳ぐ エレファントスイム 象乗り ラッキービーチ ウエディングプランあり オプショナルツアー

〇レストラン ビッグブッダに行く途中にある
MB Mountain Breeze cafe & Restaurant Phuket

https://www.facebook.com/mountainbreezephuket/

専用車5時間チャーター
一台1700バーツから。

プーケット空港送迎 島内カーチャーター タクシーサービス 専用車手配 カオラック、クラビ ブルーアイランドプーケット

 

サパンヒン散歩


久々にサパンヒンに行ってみました。

サパンヒンといえば、ロータリーに変わった形の
モニュメントがありますが、あれは昔錫の採掘に使った
道具を模したものになります。
100年ぐらい前までは、まだプーケットでは錫採掘が
あちこちで行われていたんですよね。
島内に池のような場所がたくさんあるのは、発掘跡だったりします。

サパンヒンは地元民の憩いの場所で、体育館やプール、
テニスコートなどの健康公園でもあります。
以前よくここにある4000人収容の体育館で試合を見たりしました。
体育館のひとつで、空手を習っていたこともあるなぁ。

プーケットタウンにもビーチがあるってことが、サパンヒンに
くればわかりますが、ここは東側のビーチなので水は濁っています。
ピクニックをする人は多いですが、海水浴する人はあまりいません。

 

 

マングローブの遊歩道は、木が多い茂った場所でちょっとフォトジェニックです。
夕方はウォーキングでたくさんの人とすれ違います。

 


この遊歩道を抜けると海に出るっていうのが、またいい感じです。

 


サイクリングや、キックボードを楽しむ人や、ベンチでぼーっと
くつろいでいる人、ゴザを持参してきて何か食べてる家族など
おのおの楽しそうに夕方の涼しくなるひと時を楽しんでいました。

誰か餌をあげているのか、人懐っこい猫もいました。

中国寺院もあったり、子供の遊具がある公園ではウォールペイントが
施されているので、観光っぽい気分も楽しめます。



脇にはロングテールボートが止めてあったりとなかなか風情があります。
ブーゲンビリアの花がたくさんきれいに咲いている場所もありました。

市場がでていることもあるので、地元民に交じって楽しむのも、
西側の観光客専用ビーチで過ごすのとは全然違った楽しみが
できるのではないかと思います。

 

 

ピピ島 ハイシーズンスケジュール

ピピ島への定番ツアー、フェリーで行く1日ツアー、
当社ではこちらのツアーをよくご案内しています。

 

フェリーで行く ピピ島 1日観光
アンダマンウェーブ利用

www.blueisland-phuket.com

通常のスケジュールではピピ島は
船上より、マヤベイ、ロサマベイ、ピレラグーン、バイキングケイブ見学し、
ピピ島トンサイ湾に上陸してランチ、その後船が出るまでフリータイムとなります。

このハイシーズンには、従来のスケジュールから少し変わり、
午前中ピピ島のロングビーチでリラックスタイム、
その後ビュッフェランチ、ランチの後にトンサイ湾のほうに移動します。

きれいなビーチとピピ島の町であるトンサイ湾の両方を楽しめる
ツアーになっています。
ピピ島1日ツアーはほとんどが上陸するのはトンサイ湾だけになりますが、
ここは船の港でもあるので、あまり海水浴やシュノーケリングには
イケてない感じのビーチとなります。

そのためボートで沖に行ってシュノーケリングを有料(ツアー代金に含まれている
ものもありますが)で楽しみます。
沖にシュノーケリングにでかけると、国立公園入場料外国人一人400バーツが
かかっちゃうんですよね。

でもこちらのプログラムであれば、人の少ないロングビーチでのんびりして
午後は賑やかなトンサイ湾も楽しめます。
こちらの特別スケジュールは4月中旬まで催行しています。

 

07:00 ホテルピックアップ
08:30 港より船出航
      船内にてドリンク、お菓子のサービスあり
10:30 ピピ島到着
      ロングビーチ上陸、
      コーラルベイにてシュノーケリング(有料国立公園入場料400バーツ) 
12:00 ランチ
12:45 トンサイ湾へ移動 
      トンサイ湾上陸(施設使用料一人20バーツは直接払いとなります)
14:30 ピピより出航
16:30 プーケット到着、各ホテルへ

4月中旬からは従来のスケジュールとなります。

ハイシーズンの時期にぜひ行ってみてください!

エレファントスイム移転のお知らせ

1月1日からビーチで象さんの場所が移転になりました。
グーグルマップなどは管理している象会社が新しい場所に
変更したので、現在検索すれば新しいほうの場所になります。

以前にも借地権の問題で一度移転しているので今回二度目です。
以前の場所よりももう少しパトンに近い側になっています。

 

以前ちょっとネックであったあの急坂の徒歩上り下りの問題は

移転により少し楽になりました。

ただ、駐車場からは少しあるくのと、ビーチへは2,3分下ることになります。こんどはゆるやかな階段なのでお子様でも歩けると思います。

 

まだ移転したばかりなのですが、トイレ、シャワーはあるので着替えも大丈夫。

 

この日は大きなクルーズ船がパトンビーチに立ち寄ったので、

その船が後ろに映っていますね。

 

象さんシャワーは今日も炸裂です!!

 

当日でも行く前に当社にLineやお電話でご連絡いただけましたら

割引料金になります!

ご予約はこちらから。

www.blueisland-phuket.com

KIN CAFE

年末カトゥーに行ったついでに前から行ってみたかった
タイ人がプロデュースしている和風カフェに行ってみました。
日本風なのに、なぜ金カフェ?という謎はありますが、
タイ人がイメージする賑やかな雰囲気のカフェでした。

 

まず入口にはたくさんの風鈴。
招き猫の垂れ幕、ちょっと日本庭園風を意識した灯篭、
ちょうちんなど、日本人にはちょっと生み出せないような
面白いテイストになっています。

 

室内席と屋外席があって、屋外は座敷風(畳ではなくて板ですが)
に座る席になっていて、週末にはライブ演奏などもしている
そうです。音楽はタイポップスでしたけど。

 

メニューはゆずや抹茶などの和風ドリンクと、デザートは
日本風ケーキ類のほかに水寒天やお団子などもありました。
せっかくなので、水モチと団子のセット115バーツと、
ゆずハニーフロート155バーツを注文しました。

ドリンクはちょっとお高めですが、ゆずソーダの上に
抹茶アイスがのっていました。

 

カフェの壁には、「永遠にそばにいてほしい」という
昭和のプロポーズみたいなセリフが書いてあり、
その下に日本人形などが飾られています。
これは日本人にはできない装飾ですね。。。

 

日本の雑誌なども置いてあったので、パソコン作業の合間に
サイドテーブルに置いてあった雑誌4冊全読破してきました。

平日でしたが、午後からはどんどんお客さんがやってきて
かなり盛況なようでした。
今度は涼しい夕方に風鈴の音を聞きながら屋外席を
堪能してみたいものです。

 

Kin Cafe

https://www.facebook.com/Kinhkt