新・プーケットで遊ぼう  旅行情報ブログ

プーケットをより楽しむために、お役立て下さい

アウトサイド タイ民族衣装撮影

コロナ以降、久しぶりにタイ民族衣装撮影・アウトドアをしました。
久々過ぎて、衣装の状態はそれほどでもなかったのですが、
装飾品が結構くすんでしまっているのもあって、いくつか買い足しを
しました。

今回ご利用いただいたのは、ご夫婦と娘さんの3人家族。
ご主人と奥様は金色のコーディネートで、娘さんはプリンセス
ジャスミンが大好きということで、ピンクとブルーの服をチョイス。
プリンセス願望がとっても高くて、普通はイヤリングなどは
痛いと嫌がってしまうお子さんが多いのに、全くそんな様子もなし。
最後まできっちりとプリンセス、やりきっておりました。

移動時間が長いと疲れてしまうからということで、
今回はシャロン寺院一か所のみ。

オフィスにて服を選んで、髪かざりとアクセサリーをつけたら、
バンに乗り込んで出発です。

 

観光地はお昼ごろから混んでくるので、写真撮影は絶対に
早朝がオススメです。写真に人が入り込まないので、時代を感じるような
とってもいい写真が撮れます。

シャロン寺院の写真のベストロケーションは2か所あって、
寺院全景と庭が入る場所と、仏舎利塔全体が入る池のそばです。

 

途中、お参りグッズで売っている蓮のつぼみも購入して、
お花をもってのポーズなども。

仏舎利塔だけは入場禁止と言われましたが、そのほかの場所には
タイ衣装で入って、お参りもできました。
その時によって、入れるときもあるので、ちょっと規則が謎です。

プリンセスは、寺院にいる猫ちゃんやちょうちょさんに
心を奪われたり、お花を摘んで髪に飾ったりと、
全くぐずったりもせず、本当にいい子で撮影もしやすかったです。

 

寺院にいる人から、一緒に写真を撮ってくれと
お願いされるという一幕も。
(以前プロムテープ岬の撮影でも、同じことがありました。)

注目度も抜群ですね。

 

撮った写真はUSBでの希望だったので、その場でダウンロードをして
お渡ししました。その場お渡しの場合は、撮ったもの全部となりますが、
グーグルドライブで送る場合は、良く取れているものを選んで送ります。
どちらかをご予約時にお選びください。

観光もできて、衣装での思い出作りもできます。
是非お友達同士やご家族で、ご利用ください。

オールドタウンで撮影のコースもあります。


アウトサイド タイ民族衣装撮影

www.blueisland-phuket.com

 

ROSA Sweets & Chocolate Phuket

オールドタウンのパンガー通りにある、チョコレート専門店です。
やっぱり暑いから、お土産にすると溶けちゃうので、
涼しい店内で一休みしながら甘いもの補給が良いです。


ショーケースにはずらりと並んだチョコレート。
数えてみたら、50種類近くありました。
一個30バーツから45バーツぐらいの価格帯です。

悲しき脂質オフ生活中のため、3種類を厳選してチョイス。
おいしいチョコレートは日本でもたくさんあるので、
タイでしか食べられないものを・・・ということで、
ホワイトチョコのコーティングの「ジャスミン」と、
ドライマンゴーにチョココーティングをした「マンゴーチョコ」と、
「タイティー」の3種類にしました。

本当はオレンジピールが大好きなのですが、オレンジなかったんで
それっぽい感じのマンゴーにしました。一本10バーツなので2本オーダー。
3種類4個で、お値段は95バーツ。

一個35バーツって考えると、結構お高めに感じられますが、
食べたら絶対満足すると思います。
全部おいしかったのですが、やっぱり濃厚なタイティーは、
タイならではのタイミルクティー風味なので、ぜひぜひ。

ジャスミンは、ジャスミンの香りがするのかと思いましたが、
あまり香りは感じませんでした。ですが味はかなり美味しいです!

2個用、4個用など偶数用のギフトボックスや缶もあるので、
手軽なお土産にも良いですね。

今の季節だと、子供が喜びそうな、ハロウィーンの魔女の帽子や
かぼちゃを形どったチョコもありました。

長時間移動の場合は、ドライアイスなどをお付けすることも
できるということでした。
溶けるのが心配でしたら、チョコクッキー、ココアパウダーなども
販売していました。クッキーもおいしそうだったので、お土産候補です。


ROSA Sweets & Chocolate Phuket
OPEN 11:00-22:00
117 Phangnga Rd, Tambon Talat Yai 

www.facebook.com

 

goo.gl

 

TAKA - japanese house phuket

グルメな友人が、プーケットタウンにおいしい和食のお店ができたというので、
行ってみました。
 場所はプーケットタウンの時計塔ロータリーの近くです。
イスラム寺院の並びにあります。
 

最近やっとSNSなどにアップされるようになってきましたが、
行った時は、お客さんは私たちと、もう1人だけでがらーんとしていました。
店内は天井が高くて新しく、二階も広い席があるようでした。
 

メニューに写真があまりないので、じっくり文字を読んで注文をした
方がいいと思いました。
はまち、まぐろ、サーモンの3色丼 269バーツを注文しました。
こちらはセットはないので、お味噌汁 39バーツを追加。
友人は、チキンタルタルソースの定食 159バーツ
鶏のから揚げ 79バーツ
また、現在プロモーションで、サーモンのお刺身が6切れ129バーツ、
緑茶は9バーツということで、そちらも注文しました。
メニューはちょっと微妙な日本語の間違いがあったんで、
大丈夫かしら・・・と思いましたが、想像以上に素敵なものが出てきました。
 

3色丼、いくらまでかかってて、すごくビジュアルもきれいだし、
お刺身も新しくて、切り身も厚くて大満足!!!
次ははまちオンリーで行ってみようかなと思いました。
多分これを他のお店で食べたら500バーツはすると思います。
このクオリティーでずっとやってくれたら、間違いなくヘビーリピート
するお店になると思います。
 



焼肉や鉄板焼きもあるので、今度はそちらも試してみたいです。
 
TAKA - japanese house phuket
11;00-21:00

セントラルパトンオープン

先週は島の北側にオープンした、ロビンソンライフスタイルの
記事を書きましたが、今週は、パトンビーチ。

ジャンクセイロンの道路を挟んで向かいにある、
セントラルパトンが、9月1日よりリオープンしました。

 

パトンのセントラルはタウンのセントラルデパートよりは、
かなり小ぶりではあるんですが、地下フードコートや、
スーパーも充実しているので、オープンは観光客にとっては
嬉しい知らせだと思います。

私も数年ぶりに行ってみました。
一階、二階はデパートになっていますが、人はまばら。

まだ空いているブースもあって、以前一階にあったカフェは
BAKE一軒だけがオープンしていましたが、アフターユーも
まだオープンしていませんでした。
ロビンソンライフスタイルではオープンしてたんですけどね?
一階入り口にある、イタリアンのお店もクローズ中。

ですが、地下は結構なにぎやかさでした。


セントラルのグルメマーケットのお惣菜は、パトンの街中で食べるよりは、
洋食が安く食べれるので、欧米人を中心にワイワイしていました。
タイガールと白人さんとのカップル、久しぶりに見たな。

中央にテーブルがあって、その周りを色々なブースが取り囲む
フードコートとなっています。トムヤムクン、ガパオライスなども
もちろんあります。タイカレー、タイラーメン、パッタイ、
ハンバーガー、韓国料理、日本料理もありました。

ドリンクはタイの甘いお茶や、フルーツシェイクのお店。
奥にあるスーパーで買ってきて、ここで座って食べてもOKです。

 


料理は一品80バーツぐらいからで、パトン料金は健在でした。
おかゆを食べたのですが、プーケットタウンなら40バーツ程度、
こちらは104バーツでした。15バーツのちまきも、40バーツ。
2-3倍のお値段ですね。

スーパーは日用品、お土産、生鮮食品、お酒などが売っていますが、
お酒は購入時間帯に注意です。

向かいのジャンクセイロンは、チェーン店とスーパーBIG Cだけが
オープンしていますが、ハイシーズンには開くという噂です。
ミレニアムリゾートもやってないような感じでした。

パトンの街中のお店も、ほとんどオープンといってもいいほど
賑やかになっておりました。ほんの一か月前はまだクローズしている
お店も目についたのですが、今は閉まっているお店のほうが
少なくなっています。

お陰でまた駐車場難民。
ビーチ前は、なかなか駐車することができなくなっています。
セントラルパトンの駐車場は30分のみ無料なので、
2時間程度で40バーツかかりました。500バーツ買い物をした
レシートがあれば無料になるそうです。
ちなみに、プーケットタウンのセントラルは駐車場フリーなので、
やっぱり色々とパトンだなーと、久しぶりにプーケットの中の
外国を感じました。


Central Patong
10:30-23:00

続きを読む

Aung Ku Craft & Cafe

ちょっと朝カフェでもしようかと思い、
ピンクの建物が目印のソイロマニーの入り口にできたカフェ
AungKuに入ってみました。

ソイロマニーは、オールドタウンの中でも人気の場所なので、
普段は人がワイワイしていますが、早朝だったので、静か。
カフェのほうも、一階は人がいましたが、二階は誰もおらず
貸し切り状態でした。

一階にはカウンターとケーキのショーケースがあるので、
注文はこちらで先にして、先払いです。
オシャレで映えそうなドリンクの数々。
お花がちりばめられたピンクの店内は、タイの女性が
大好きなラブリーな雰囲気です。

ここのカフェは、うさぎのモチーフを描くことで有名な、
タイのバンクシーとも呼ばれる、Alex Faceさんの絵のすぐ隣。
カフェを利用すれば、普段見れない角度から見れそうだという
目論みもありました。

一階から二階へは、外の階段を利用しますが、ここから
壁画が目の前で見えます。

 

外にいる人が
「ちょっと、中に入れてくれない?」
なんて、お店の人に言っておりましたが、そこは私有地のため、
カフェをご利用ください…ということです。

二階は残念ながら、窓が側面にないため、壁画は室内からは見れず。
天井からは造花ですが、天井から枝垂れの白い花とか、
壁にはこれでもかっていう、ピンクのバラが。


ピンクと白の装飾と、赤いソファー。
きっとタイ人女性はここで、100枚ぐらい自撮りするのでしょう。

バタークロワッサン 95バーツ
サマー(マンゴーとパッションフルーツのソーダ)120バーツ
を注文しました。
ケーキは早朝だったので注文しませんでしたが、
多分私の行きつけのPIMS ベーカリーから仕入れているケーキだと
思います。本店より3-40バーツ、こっちのほうがお高い(笑)。
観光地なんで、当然ですね。

 

二階から見下ろすオールドタウンの景色も、なかなか見ることが
できないものなので楽しかったです。

オールドタウンのカフェは、早ければ8時頃からオープンしている
ところもありますので、早朝に来てゆっくり観光スタートも
良いかもしれません。


Aung Ku
69/1 Talang Rd Muang Phuket 83000
OPEN: 8:30-21:00

goo.gl