新・プーケットで遊ぼう  旅行情報ブログ

プーケットをより楽しむために、お役立て下さい

Aurico kata resort & Spa

f:id:phukettown:20211101154629j:plain

今週は、ローシーズン特別プライス?のホテルに宿泊してきました。
カタビーチにある、Aurico Kata Resort & Spaというホテル。
ご存じない方も多いと思いますが、オープンは2019年2月。
まだ2年半ぐらいの新しいホテルです。
カタビーチからは大体500メートルぐらい奥に入ったところにあります。
現在プールアクセスのお部屋が一泊一部屋1200バーツ朝食付き。
サンドボックス用の7日間ステイプロモーションも8900バーツで出ています。
通常通りお店がオープンすれば、周りにはお店もあります。
徒歩圏内でコンビニもあり。
 

f:id:phukettown:20211101154645j:plain

f:id:phukettown:20211101154658j:plain

入り口は木目調でナチュラルな感じ。
入り口横にアンティーク風な本棚があって、写真を撮ったりするのも良さそう。
よく見ると、天井に木の船がぶら下がっていました。
あと、シノヨーロピアン風のデザインがちょこちょこ取り入れられています。
 
お部屋はどのタイプでも40平米。
一番リーズナブルなのが、スーペリアオーバーザプールというお部屋。
デラックスオーバーザプールもあり、どちらもプールビューになります。
違いはバルコニーがあるかないか?みたいです。
 

f:id:phukettown:20211101154736j:plain

宿泊したのは、デラックスプールアクセスで、バルコニーをいれて45平米ぐらい。
ここのホテルの売りは、ダブルベッドが通常は6インチなのが7インチある
スーパーキングサイズベッドなんだそうです。
私は息子と宿泊だったので、ツインにしましたが、ツインでもくっつけられる
ハリウッドツインタイプでした。
 

f:id:phukettown:20211101154754j:plain

プールアクセスも、広々としたプールに泳ぎだせるのでいいですね。
細い水路みたいなプールアクセスとは違い、解放感がありました。
また、夜はブルーのライトでライトアップされてなかなか良いムードでした。
 

f:id:phukettown:20211101154813j:plain

バスタブも広々で、お湯の勢いがある+熱いお湯が出るということで文句なし。
シャワーブースも別にあって、レインシャワーになっていました。
朝食も現在はオーダー制になっているので、出来立てを食べ放題。
オムレツもおいしかった!アメリカンブレックファースト、コンチネンタル、
お粥から選べました。
プールにも、朝食レストランにも、宿泊客はぼちぼちおりました。
 

f:id:phukettown:20211101154842j:plain

普通であれば、4000バーツぐらいはするのではないかと思いますが、
こういう時期だったので、本当に安く楽しませていただきました。
 

f:id:phukettown:20211101154910j:plain

ルームサービスのタイ料理も、とても安くておいしかったです。
 
できたばかりでコロナが始まって、ホテルも大変だと思いますが、ハイシーズンは
たくさんお客さんが来てくれるといいですね。
 
AURICO KATA RESORT & SPA
45 Taina Rd. Karon, Mueang,Phuket 83100 Thailand

11月にタイ開国

 
プーケットは、他のタイの県に先駆けて開国をしておりますが、
11月からは、タイ・バンコクをはじめ主要都市17県が外国人受け入れを始めます。
受け入れ対象の国は、現時点での発表では日本を含む46カ国です。
受け入れ国に21日以上滞在していることが条件となりますので、一時帰国をしたり
する方は、覚えておいたほうが良いかもしれません。
サンドボックスは、事前の入国許可手続きCOEが必要でしたが、Thailand Passという
サイトでの手続きに移行するのではないかと思われます。
事前に準備するものや手続きについては、正式発表を待っているところです。
手続き条件について、わかっているものについては
1.14日前までにワクチン接種を済ませていること。
2.到着時に陰性検査を行い、陰性結果がでるまではホテルで待機が必要。
(検査費用は有料)
3.SHA+ホテルについては、従来は最低7日の滞在が必要でしたが、
今後は最低予約日数が1日になるのではないかということ。
4.コロナ治療を含む、旅行保険5万米ドルの医療保険に加入すること。
5.出発前72時間以内のPCR検査陰性証明書を用意。
6.滞在7日目には再度PCR検査を受けること。(有料)
7.タイへの入国には、スワンナブーム空港、ドンムアン空港、チェンマイ空港、
プーケット空港、サムイ空港、ウタパオ空港のいずれかより入国が可能。
12歳未満の子供は両親がワクチン接種をしていれば、大丈夫ということ。
ワクチン接種をしていない方、もしくは規定回数していない方は、
10日間の隔離があります。(AQ指定ホテルの事前予約が必要です)
プーケットだけでなく、他17県へも自由に出入りできるようになるのは、
大きいですね。7日間の滞在義務もなくなります。
医療保険も5万ドルと、従来の半額になりました。
現在はタイの感染者数も1日1万人を切るぐらいになっています。
とはいえ、今後またブレイクスルーなどが発生するかもしれませんが。
一度踏み切ったものは、簡単に撤回をしないようにお願いしたいところです。
ただ、先週も書きましたが、日本到着後の自宅謹慎10日(ワクチン接種済みの場合)
が早くなくなるといいんですけどね。

ラワイビーチの様子

少し前に、ラワイのシージプシー村周辺でクラスターが発生し、
一時は地区がロックダウンになっていたラワイ。
現在は通常通りになっていました。
 
ビーチに新しくできたカフェに行くため、ラワイのビーチ沿いも
車でぐるっと回ってみましたが、まず変化したのが、
ビーチに停泊するスピードボートの数です。
 
以前は、漁のためと思われる、ロングテールボートがぽつぽつといった
ところでしたが、明らかに観光客用と思われるボートが。
もちろん、コロナ前よりは少ないですが、それでも観光客が
動いていることを感じさせる景色でした。
 

f:id:phukettown:20211027124523j:plain

 
海沿いのレストランのほうは、ぽつぽつオープンしていました。
全オープンではないですが、わりと大きなレストランもやっているので、
さみしい見栄えではありません。
 
パトン、バンタオと同じように、観光客がきてもまあまあ不便なく
過ごせる程度ではあると思います。
パトンの様子の時にも書きましたが、もし初めて来たのであれば、
こんなもんかーーと思えるぐらいの、お店の営業具合です。

Coming Home Cafe & Seascape

f:id:phukettown:20211026150219j:plain

2021年8月にできたばかりのカフェ。
ラワイビーチを少しプロムテープ岬側に行ったところにあります。
Rustic & Blueというレストランがあるのと同じ通りです。
ちょっと坂になったところから海側へ下ると、左手に海に面した
オープン席、右手に室内カフェの建物があります。
白い可愛い建物の前に、大きなサボテンが植えてあって可愛い。
行ったのが日曜日の午後だったので、結構混んでいました。
エアコンの利いたカフェ側の建物は満席。
海側のテーブル席につきました。
 

f:id:phukettown:20211026150250j:plain

f:id:phukettown:20211026150317j:plain

海側のほうも、テーブル席とお座敷席がありました。
お座敷も可愛いのですが、ちょっと日差しがきつかったので、
屋根付きの屋外テーブル席のほうへ。
ごはんを食べるつもりだったので、テーブルのほうが良いですね。
 

f:id:phukettown:20211026150339j:plain

テーブル席からは、海に降りていくことができ、ブランコがあります。
ここで写真を撮る人が入れ替わり立ち代わりやってきます。
ブランコの隣には小さいテントがあって、人が入るものではなく、
写真を撮るためのオブジェですね。
オシャレ雑誌や、ドライフラワーなども置いてあります。
 

f:id:phukettown:20211026150403j:plain

カフェメニューはそこそこのお値段ですが、食事はそれほど
高くないと思います。
ラワイビーチの海を一望しながら、タイ料理がこの値段だったら
とても良心的だと思います。
 

f:id:phukettown:20211026150423j:plain

注文したのは
バイリアンパッカイ(ミアンという葉っぱと卵の炒め物) 120バーツ
ゲーンソムクン(エビのゲーン) 150バーツ
フライドチキンレモングラス 150バーツ
ごはん(約3皿分) 50バーツ 
キャラメルマキアート 90バーツ
キャラメルミルク 85バーツ
 

f:id:phukettown:20211026150446j:plain

f:id:phukettown:20211026150457j:plain

f:id:phukettown:20211026150512j:plain

圧倒的にカフェと写真目的の人が多かったですが、
ごはんもおいしかったし安かったので食べてみて良かったです。
 

f:id:phukettown:20211026150541j:plain

f:id:phukettown:20211026150558j:plain

次回はぜひ、スイーツを・・・。

週末は自撮り族がワラワラいるので
できれば平日の利用が良いかと思います。
 

f:id:phukettown:20211026150642j:plain

海側の席を楽しむなら、夕方がいいかもしれません。
お座敷席でまったりが、オススメです。

pikgo cafe

f:id:phukettown:20211023180828j:plain

 
このマガジンでも、何度か登場している、プーケットタウンの
サパンヒンという地区にある人気カフェ。
錫の形をしたモニュメントのあるロータリーのすぐ脇です。
近くには池や、公園があって、夕方にはジョギングに来る人や、
屋台なども並ぶ、市民の憩いの場所です。
 

f:id:phukettown:20211023180444j:plain

このカフェ、最初は向かって一番左側のひとつの建物だけでした。
ソファー席が2つぐらいとテーブル席があり、雑貨が少しある
こじんまりした可愛いお店でした。
 

f:id:phukettown:20211023180512j:plain

それが今では、もともとの建物の奥にひと棟。
ここには、タイのストリートアートで有名なアレックスフェイスさんの
うさぎの絵が描かれた壁があります。
 

f:id:phukettown:20211023180535j:plain

その奥には会議室みたいな大部屋があって、向かい側にはもうひとつ
別の棟があります。
 

f:id:phukettown:20211023180618j:plain

f:id:phukettown:20211023180629j:plain

f:id:phukettown:20211023180642j:plain

真ん中はキツネとはりねずみ?の銅像があり、屋外にも座れるように
なっています。
 

f:id:phukettown:20211023180709j:plain

オープン当初から、この二匹のキャラは変わらず。
この子たちのおかげで、ちょっとメルヘンなムードになっています。
 

f:id:phukettown:20211023180734j:plain

以前はなかったのですが、入口にこの子たちが、サパンヒンのモニュメントの
滑り台で遊んでいる模型みたいなものが置いてありました。
これ、本当に可愛いし、懐かしいです。
今はロータリーのモニュメントは立ち入り禁止なんですが、
その昔は、滑り台にして地元の子供たちが遊べてたんですよ。
私も長男を連れて、良く来ていました。
狂ったように滑ってましたねー。
メニューはどの棟でも一緒だと思いますが、最近は一番左側の棟に
座ることが多いです。
ここは二階席もあります。
二階席への階段とかも、味があって可愛い。
 

f:id:phukettown:20211023180759j:plain

何だか行く度に増築してたり、ケーキの種類が増えてたり、
そしてお客さんももちろん増えています。
アレックスフェイスの絵があるのは、今回初めて知ったので、
今度はそちら側の棟に行ってみようと思います。
 
Pikgo Cafe
9:00-20:00